子育て環境向上委員会@中野

記事一覧(7)

中野区で子育て中の母親の声

2018年5月27日(日)、中野駅前の酒井さんの演説会でお話しくださった、中野区で子育て中の私たちの仲間でもある母親の声です。中野南部子育て中の一般人です。ここに立つような人間でなく、政治興味なく、中野区政自分に関係ないと思ってました。今回は、親の声を代表して、こちらに立たせていただいています。保育園4月0歳入園、周りは半分待機児童に、その時のママ友さん達、今では7割が引っ越しました。南部いろいろきれいになりました。しかし、区民活動センター、おもちゃ絵本撤去され使いづらい。福祉センター、大部分が解放されてなく、恩恵ありません。公園できたけど、オリジナリティに乏しいです。こんななか児童館、なくなろうとしています。小学校に併設されても、限られたスペースになるでしょう。小学校以外の逃げ場、子供達を受け止めるコミュニティ、必要ですよね。このままだったら、区立保育園や幼稚園も全廃です。民営化、別にいいと思ってます。でも、急速で対話なき民営化です。しっていますか、ちょっとググれば、怖い話がでてきます。巻き込まれるのは、私たちの大切な子どもたちです。全部中野区の話です。中野の議会できまったことです。このままでいいですか?引っ越して逃げ出しますか?中野、次世代の子どもたちのために、いい街にしたいです。酒井サンは対話の人です。私たちの声、きちんと聞いてくれました。今の区政で無視され続けた小さな声、私たちの声、もっとしっかり話を聞いてくれる中野にしてほしい!!酒井サン、応援しています。